お知らせ

万感の思いNo.23  私が尊敬する父

更新日:2022/12/01
 私が尊敬する人を考えると、常に3人の人物が頭に浮かぶ。その内の一人が、我が父である。先日、満88歳を迎え、孫、ひ孫も加わり、一族で、米寿のお祝いを行った。私の父は、88歳を迎えても、再三、ゴルフに誘ってくる強者である。銀行に勤務し、3人のこどもを一人立ちさせた。退職後は、畑、たんぼの他、木工ろくろ、ゴルフ等に勤しみ、今でも健康体そのものである。健康は、家族にとって、本当に宝である。私が病気に病んでもクリニックを続けてこられたのは、父から授かった丈夫な体だったからだと思っている(私が、どこかで、体の使い方を間違ってしまったのだと思っている)。この父が元気でいる間に、ゴルフを再開できればと思っている。